2009年05月13日

丸紅がサブサハラ地下資源に意欲

丸紅は5月13日、南アフリカ共和国ヨハネスブルグにサブサハラデスクを4月に新設したと発表。豊富な地下資源の供給地として注目の集まるサブサハラ・アフリカ(サハラ砂漠以南)全域を管轄地域とし、各国のエネルギー・鉱物資源政策に基づいた新規案件の形成・開拓・推進に意欲を燃やす。昨年5月のTICAD4で日本政府が打ち出した、対アフリカODAの倍増や民間投資の支援などの分野でも積極的に動くという。丸紅がこれまでサブサハラ・アフリカ地域に展開してきたナイロビ支店、丸紅ナイジェリア会社、ヨハネスブルグ支店の3拠点とも連携する。

http://www.marubeni.co.jp/news/2009/090513.html





スポンサード リンク

posted by 鈴木零号 at 15:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


セキユの形

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。