2009年05月13日

米EIAも2009年世界石油需要を引き下げ

09年世界石油需要予想を引き下げ=米EIA
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-37968720090512
(出所:ロイター)

ロイター通信によると、米エネルギー省エネルギー情報局(EIA)は12日、2009年の世界石油需要予想を42万バレル引き下げ、2004年以来の水準である8367万b/dとしたとのこと。「世界的な景気低迷のあおりで石油消費は依然弱い」とし、2008年の水準からは180万バレル減少する見込み。2010年の石油需要は前月時点の見通しから83万バレル引き下げ、8439万b/dと予想。

ちなみに、国際エネルギー機関(IEA)による経済協力開発機構(OECD)加盟国でないロシアや中国など新興国や途上国の需要減を見込んだ4月発表値は8343万b/dだった。





スポンサード リンク

タグ:OECD IEA EIA
posted by 鈴木零号 at 13:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 石油関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


セキユの形

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。