2009年04月22日

ほくでん、風力系統連携5万kWの一部決定

北海道電力は4月22日、協議中の一部の案件を除き風力発電の系統連携募集5万kW分を決定した。入札枠では電源開発(J-POWER)が檜山郡上ノ国町にある発電所で2万8000kW。抽選枠のうち、自治体枠では石狩市による同市の4950kW、一般枠ではユーラスエナジージャパンによる伊達市の1万kWが選ばれた。受給期間は17年間と長い。協議中の案件は、引き続き技術検討、事業実施の意思確認などの選定手続きを継続していくとのこと。


北海道電力のプレスリリースはこちら
http://www.hepco.co.jp/info/2009/1174608_1070.html





スポンサード リンク

posted by 鈴木零号 at 17:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境・新エネ・省エネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


セキユの形

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。