2009年04月16日

原子力など電気料金制度を審議へ

総合資源エネルギー調査会電気事業分科会料金制度小委員会(料金制度小委)は、第6回会合を4月24日に開き、地球温暖化問題への対応の必要性の高まり等を踏まえた料金制度(新エネルギー以外)と電気料金に関する今後の行政関与の在り方を審議する。要は、原子力や省エネを推進するのに、電気料金制度をどうするか話し合う。傍聴希望者は4月20日(月)17時までに事前登録が必要。
前回会合は3月18日に開かれ、太陽光発電の固定買取制度(FIT)をはじめ、新エネルギーの料金制度が審議された。第7回会合には料金制度小委員会の第2次報告がまとめられ、電気事業分科会に報告される流れであろう。ちなみに、第1次報告は燃料費調整制度の見直しであり、すでに電力・ガス各社は導入済み。

開催概要はこちら
http://www.meti.go.jp/committee/notice/0005968/0005968.html





スポンサード リンク

posted by 鈴木零号 at 14:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 審議会・セミナー等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


セキユの形

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。