2009年04月15日

ロシア、サハリン1輸出で日本へ支援要請

サハリン1のLNG輸出、日本に支援要請 ロシア
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20090415AT2M1002H14042009.html
(日本経済新聞4月15日1・6面)

日本経済新聞によると、ロシア政府はウラジオストック近郊(ペレヴォズナヤかどうかは不明)にLNG輸出基地を建設し、サハリン1プロジェクトの天然ガスを出荷したいという思惑から、ハバロフスク〜ウラジオストック近郊間のパイプラインとLNG輸出基地の建設に対し、資金、技術両面で日本政府へ支援を求めていることが明らかになったとのこと。建設総額5000億円規模と見込まれており、5月に訪日予定のプーチン首相が本格協議入りを打診するという。サハリン1では、ロシアがガス生産の全量を買い取り、大半を日本などに輸出する。日本政府は未開通のパイプライン建設(サハリン1〜ハバロフスク間は既設)に対し、国際協力銀行を通じて融資の検討に入ったとのこと。ロシアは鋼管も日本から調達する意向で、パイプラインとLNG基地の経営権を握る方向だとか。今後開発する「サハリン3」(ガスプロムが権益保有)などからも極東ルートを通じてガスを供給したい考え。一方、ロシアの影響力が強くなり、領土問題が置き去りにされる懸念の声もあるという。
サハリン1のガス埋蔵量は4850億m3で、サハリン2の4080億m3を上回る。サハリン2の全生産量のうち6割は日本向けで、日本の天然ガス需要の8%を供給する見通し。


ハバロフスクとのパイプラインが接続されれば、東シベリアの油ガス田を含む太平洋パイプライン(現状の計画は石油のみ)とも繋がることを意味する。

(出所:資源エネルギー庁)


中国向けはスコヴォロディノから大慶を経て中国へ石油が入る支線にしかすぎず、ロシア政府の狙いは極東のエネルギー供給基地の確立にある。ロシア側は、韓国などにも協力を呼びかけているようで、この壮大なパイプライン計画に対する意気込みは強い。ロシアは、サハリン2のLNG輸出基地プリゴロドノエのように外資と意見調整しながら進めるのではなく、今回のルートで主導権を完全に握りたい考え。ただ、日本にしてみたら、プリゴロドノエを利用したいという声もある。今回資金や技術を提供する見返りとしてロシアの要望は大きく、いささか日本に旨味は少ないように思える。両国間の溝をもう一歩埋める提案がほしいところだ。石油パイプライン建設まで踏み込んだり、経営権のあり方で妥協できる点を探りたい。

領土問題に対して、エネルギー協力が先行して置き去りになると懸念する声もあるようだが、支援するから領土問題を前進するというには、いささか釣り合わない気もする。プーチン首相が折角5月に来日する訳だから、エネルギー交渉だけでは勿体ない。日本政府は極東地域の国防という観点で、エネルギー協力と一緒に交渉できなければ、北方領土問題の解決も遠ざかる一方ではなかろうか。100年の時を超え、ラッコなどの毛皮ではなく、石油やガスといったエネルギー資源に品を替え、日ロ通商の新しい1ページが刻まれるかもしれない。





スポンサード リンク

posted by 鈴木零号 at 11:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


セキユの形

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。