2009年04月09日

新日石の論文、日本機会学会賞を受賞

新日本石油は、論文「ニアドライ加工の潤滑機構に関する研究」で2008年度日本機会学会賞(論文)を受賞したと4月8日発表。慶應義塾大学と香川大学との共同研究に基づくものであり、加工の難しいアルミ材料で、ニアドライ加工時に切削油と供給ガスがおよぼす影響のメカニズムを解明。この内容が評価されたとのこと。3000件以上の論文の中から、受賞16件のうちに選ばれた。

詳しくは
http://www.eneos.co.jp/company2/press/2009_2010/20090408_01_0794529.html





スポンサード リンク

posted by 鈴木零号 at 11:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会貢献関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


セキユの形

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。