2009年03月30日

サハリン2、東電・東ガス向け初出荷

サハリン2、LNG輸出開始 東ガス・東電向け
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20090330AT1D2900I29032009.html
(日本経済新聞3月30日朝刊9面)

三菱商事や三井物産などが出資するサハリンエナジーは3月29日、東京ガスと東京電力向けに液化天然ガス(LNG)を初出荷した。日本経済新聞によれば、サハリン南端のアニワ湾から14万5000m3のLNGを積み込んで出港し、4月初旬に東京湾に到着する見込みとのこと。

ロシア・サハリン島沖は、約450億バレル相当(石油換算)の資源を有すると言われている。その中でサハリン2は世界最大の石油・ガス複合プロジェクトであり、約40億バレル相当の資源を有するという。サハリン2プロジェクトでは、サハリンエナジー(ガスプロム50%+1株、ロイヤルダッチシェル27.5%−1株、三井物産12.5%、三菱商事10.0%)が事業主体となって1999年以降、第1開発段階として夏季半年間限定で原油ピーク時9万b/d生産し、出荷してきた。現在は第2開発段階にあり、原油のピーク時生産量が約15万b/d、LNGの年間生産量が960万トンの予定で、昨年12月から原油の通年出荷が開始された。同設備で生産されるLNGの約6割が日本へ供給される予定であり、これは国内消費量の7〜8%に相当する。残りの約4割は韓国や米国西海岸向けに供給される。

詳しくはニュースリリースより※三井物産
http://www.mitsui.co.jp/release/2009/1189526_3576.html





スポンサード リンク

posted by 鈴木零号 at 10:34 | Comment(0) | TrackBack(1) | ガス関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

三菱商事 石油
Excerpt: 三菱商事のエリートサラリーマンからコンビニ経営者へ転身した新浪の苦闘。プロフェッショナル 仕事の流儀コンビニ経営者 新浪剛史さらけ出して 熱く語れ商品価格:3,675円レビュー平均:0.0 サハリン2..
Weblog: ☆youtube動画+最新ニュースblog☆
Tracked: 2009-04-05 03:20


セキユの形

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。