2009年03月23日

九州の高速道路で不採算SS見直し

西日本高速道路(NEXCO西日本)九州支社と西日本高速道路サービス・ホールディングス福岡支店・熊本支店は、各高速道路SAガスステーションの採算性を見直しにより、廃止や休業、時間変更された給油所を発表。経営状況の改善が見込まれない宮崎自動車道霧島SA(上下線)は3月31日21時をもって廃止する。後継営業者を確保するため休止を余儀なくさせられる給油所は、九州自動車道山江SA(下り線)、桜島SA(下り線)、長崎自動車道川登SA(下り線)の3カ所。いずれも3月31日営業時間終了をもって休止となる。つまり、4月1日以降には宮崎・鹿児島方面の最後の給油所は宮原SA(熊本県氷川町)となり、長崎方面では金立SAという訳だ。このほか、中国自動車道王司PA(上り線)の給油所は、24時間営業から、7〜22時の営業時間へ変更される。
ーザーへ早めの給油を呼びかけている。

NEXCO西日本のプレスリリースは
http://corp.w-nexco.co.jp/corporate/release/kyushu/h21/0318/





スポンサード リンク

posted by 鈴木零号 at 16:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | SS関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


セキユの形

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。