2009年03月23日

太陽光・都市ガス組み合わせ販売へ

東京ガス、太陽光・都市ガス組み合わせ発電 10年に新システム
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20090323AT1D190A321032009.html
(日本経済新聞3月22日朝刊5面)

日本経済新聞によると、東京ガスが2010年に中小規模の小売店やオフィスビル・病院などを対象に、太陽光と都市ガスを組み合わせた次世代エネルギーシステムを相次ぎ投入するとのこと。今年4月に改正省エネ法と東京都による改正環境確保条例が施行されることに加え、2010年度に導入が検討されている太陽光発電の固定価格買取制度(FIT)をにらむ。東京ガスが開発するのは、発電能力10kWのコージェネと10kWの太陽光発電を組み合わせたシステムをコンビニ向けに2010年に販売するというもの。CO2排出量は従来のコージェネと比べて3〜4割減らせる。また、オフィスビルや病院、学校向けには、都市ガスを使う吸収式冷温水器と「太陽熱集熱パネル」を組み合わせた高効率の空調システムを開発、2010年に投入。従来の同等能力の空調システムに比べてC02を約2割削減できるという。





スポンサード リンク

posted by 鈴木零号 at 11:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境・新エネ・省エネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


セキユの形

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。