2009年03月21日

下松事業所タンク火災で負傷者なし

新日本石油下松事業所内(山口県下松市)の重油タンクが3月18日に火災発生した件は、同日16時28分に公設消防により鎮火が確認され、火災に伴う負傷者なしと発表(同社報)。同タンクは、タンク内の油を全て抜き取った上で2001年に使用を中止していたものらしく、2008年11月から解体工事を行っていた。今後は火災事故の原因を究明し、再発防止策に取り組むとのこと。

同社HPの第1報は
http://www.eneos.co.jp/company2/history/2008_2009/h_20090318_03_0794529.html
第2報は
http://www.eneos.co.jp/company2/history/2008_2009/h_20090318_04_0794529.html





スポンサード リンク

posted by 鈴木零号 at 21:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 石油関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


セキユの形

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。