2009年03月19日

石油業界再編はもう限界!?

ガソリン、寡占に限界も
(日本経済新聞3月18日夕刊3面)

日本経済新聞「なるほど%シェア」に、国内ガソリン販売シェアの10年間の推移から石油業界再編の限界が指摘された。日本石油と三菱石油の合併、エクソンモービルの統合、新日本石油と新日鉱ホールディングスの経営統合という大手元売の合併による寡占化の軌跡を紹介。過度に寡占が進むと価格競争が進まず、消費者が不利益を被る可能性があるため、公正取引委員会が目を光らせ始めたとのこと。「もうシェアを追わず、採算重視を徹底するしかない」との大手幹部のコメントを引き合いに出し、再編による規模拡大を限界とする声も出始めたという。





スポンサード リンク

posted by 鈴木零号 at 10:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 石油関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


セキユの形

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。