2009年02月09日

東京ガス、太陽熱利用の冷暖房システム実証へ

東京ガスは太陽熱集熱器で集めた熱を、冬に暖房、夏に冷房へ有効利用する「高効率ソーラー空調システム」を東京ガス中原ビル(川崎市)の屋上に設置し、4月から実証開始すると2月9日発表した。冬は直接暖房用熱交換器により温熱に、夏は「太陽熱を熱源とする高効率吸収冷温水器」を用いて冷熱に変化して利用するもの。2010年度を目処に商品化し、販売開始するとのこと。

高効率ソーラー空調システム


太陽熱利用は、太陽電池に比べてエネルギー変換効率が高く、省エネやCO2排出量削減の点でも利用が期待されている。中原ビルでの実証では、集熱面積約140m2で、ピーク集熱量は約100kWが見込まれている。太陽熱の利用を最大化し、不足分はガスの加熱でバックアップする。導入前と比べて一次エネルギー消費量が約20%、CO2排出量が約18%削減できると見込む。

詳しくは
http://www.tokyo-gas.co.jp/Press/20090209-01.html


(追記)
太陽熱を冷暖房に活用、東京ガスが実証試験
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20090618AT1D1808518062009.html
(日本経済新聞6月19日朝刊11面)


スポンサード リンク

posted by 鈴木零号 at 17:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境・新エネ・省エネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


セキユの形

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。