2015年03月30日

出光、電力・ガス社と石炭火力検討へ

出光興産は3月27日、九州電力と東京ガスの3社と共同で石炭火力発電所開発に向けた検討を進めることで合意した。千葉県袖ケ浦市に超々臨界圧方式の100万kW規模の発電機を2基設置し、電力小売りの全面自由化を睨んで2020年中頃に運転を開始する計画。今年5月には特別目的会社(SPC)の「(仮称)株式会社千葉袖ケ浦パワー」を3社から均等出資し、取締役を派遣する。設立時の資本金は4億9,800万円、資本準備金も4億9,800万円。

それぞれの持つバリューチェーンなどの強みを生かし、より安全、安定的、安価な電力供給を実現することで、エネルギー企業として社会的要望や期待に応えていきたいという。

千葉袖ケ浦パワー概略位置図


出光興産のニュースリリース(PDF)はこちらから※以下3つのリンクの内容は同じものです
http://www.idemitsu.co.jp/company/news/index.html

九州電力のプレスリリースは
http://www.kyuden.co.jp/press_h150327b-1.html

東京ガスのプレスリリース(PDF)は
http://www.tokyo-gas.co.jp/Press/list.html

(上村)
posted by 鈴木零号 at 10:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電力関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月26日

コスモクリーンキャンペ、5月に富山と福岡で

コスモ石油とTOKYO FM、JFN各局が展開するコスモ アースコンシャス アクトは、5月17日に富山県と福岡県でクリーン・キャンペーンを開催する。

実施局のエフエムとやまは、六渡寺海岸(射水市)で当日9時〜11時30分に活動。清掃活動を実施した後には、「射水の恵み」鍋の食べくらべ試食会を企画している。募集定員は350人。締切は5月6日。

実施局のエフエム福岡は奈多漁港(福岡市)で当日10時50分〜13時30分に実施。清掃活動後には「糸島・唐津街道前原宿軽トラ市」でお買い物体験。イベント専用通貨が配布される。募集定員は350人。締切は5月7日。

いずれも小雨決行とし、荒天時には順延する。インターネット専用ページより事前申込が必要で、応募者多数の場合は抽選となる。六渡寺海岸の清掃だけなら当日参加もできる。


詳しくは
http://www.cosmo-oil.co.jp/press/p_150326/index.html
posted by 鈴木零号 at 16:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会貢献関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月25日

東燃ゼネラル、健康経営銘柄上場22社に

20150325health従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる「健康経営銘柄」上場22社に、石油業界から東燃ゼネラル石油が選ばれた。日本再興戦略に位置付けられた「国民の健康寿命の延伸」に対する取り組みの1つとして経済産業省と東京証券取引所が共同で実施したもので、3月25日に都内で発表。健康経営銘柄を公表していくことで、従業員の活力向上や生産性向上といった組織の活性化をもたらし、結果的に業績向上や株価向上につながるほか、国民の生活の質向上や国民医療費の適正化など社会課題の解決に貢献するというのが導入の狙いだ。

20150325health1

健康経営銘柄は、東京証券取引所の上場会社の中から業種区分毎に1社選定して紹介される。まず従業員の健康に関する取り組みについて経済産業省がアンケート調査を実施。回答のあった企業の1.経営理念・方針、2.組織・体制、3.制度・施策実行、4.評価・改善、5.法令遵守・リスクマネジメントの5つの側面からスコアリングし、各業種上位企業の中から財務面でのパフォーマンスが良い企業を選ぶというもの。


東燃ゼネラル石油のニュースリリース(PDF)はこちらから
http://www.tonengeneral.co.jp/news/

経済産業省のニュースリリースは
http://www.meti.go.jp/press/2014/03/20150325002/20150325002.html

東京証券取引所ニュースリリースは
http://www.jpx.co.jp/news/0010/20150325-01.html

(上村哲也)
posted by 鈴木零号 at 18:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JXエネが大分メガソーラーの送電を開始

JX日鉱日石エネルギーは3月24日、大分メガソーラー発電所(発電出力900kW)の送電を開始した。JXグループの中核事業会社の1つであるJX日鉱日石金属が66%、三井金属鉱業が34%出資するパンパシフィック・カッパーの佐賀関製錬所大志生木(おおじゅうき)社宅跡地に建設されたもので、発電した電力は九州電力に売電される。


20150325_JX_solar.jpg

JXエネルギーのメガソーラー発電事業は、JXグループの遊休地を活用して展開しており、今回の送電開始により9カ所の発電所で合計1万6,200kWの発電規模に達した。

詳しくは
http://www.noe.jx-group.co.jp/newsrelease/2014/20150325_01_0960765.html

(上村哲也)
posted by 鈴木零号 at 16:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境・新エネ・省エネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


セキユの形

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。