2014年02月04日

JXエネ、インドネシアで燃料油輸入販売

JX日鉱日石エネルギーは、2014年5月をめどにインドネシアで軽油の輸入・販売事業を開始する。同国内での軽油輸入・販売事業のライセンス取得に成功した。現地ではすでに同社の100%出資子会社Nippon Oil Indonesia(NOID)が潤滑油を販売しており、今回新たに燃料油の輸入・販売事業が加わる。インドネシアは、約2億4千万もの人口を抱える東南アジア最大の国家だ。経済成長は著しく、それに伴ってガソリンや軽油の需要も急増している。ただ、国内の石油精製能力は不足状態にあり、これまでも燃料油を中心に石油製品を恒常的に輸入している。同社は今後、現地での製油所やSSの運営も含めたサプライチェーン全般で事業参入する可能性も検討しており、「ENEOSブランド」のより一層の拡大をねらう。


詳しくはこちら
http://www.noe.jx-group.co.jp/newsrelease/2013/20140203_01_1016062.html

(櫻田光治)


posted by cherry at 12:54 | Comment(3) | TrackBack(0) | 石油関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コスモ、ALA入り観葉植物用肥料新発売

コスモ石油は、室内など日当たりの悪い場所でも光合成を促進し、植物の成長を助ける家庭園芸用液体肥料の新製品「ペンタガーデンValue室内・観葉植物用」を発売した。同社100%子会社のコスモALAが2月1日より販売を開始。植物の成長促進に効果が高い「ALA(5-アミノレブリン酸)」を含んだ「ペンタガーデン」は、同社の人気ブランドシリーズ。今回新たにラインナップに加わった同製品は、シリーズ中で最も観葉植物栽培に適した液体肥料である点が最大の特徴だ。季節に関わらず利用でき、サボテンなどの多肉植物にも適している。内容量は450mlで標準希釈倍率100倍、希望小売価格は税別933円。同社は石油開発や石油化学事業に加え、ALA事業など環境ビジネス分野でも着実な事業拡大を目指していく。

20140203cosmo-pentagarden1.png.png  20140203cosmo-pentagarden2.jpg.JPG
【新発売「ペンタガーデンValue室内・観葉植物用」(写真左)と同シリーズ(写真右)】


詳しくはこちら
http://www.cosmo-oil.co.jp/press/p_140203/index.html

(櫻田光治)
posted by cherry at 12:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 石油関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


セキユの形

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。