2014年02月07日

JX、韓国SKLに潤滑油ベースオイル原料出荷

JX日鉱日石エネルギーは、韓国SKグループのSKルブリカンツ社(SKL)と共同で潤滑油ベースオイル製造事業に取組んでいる。同社は2月5日、水島製油所よりSKL社の蔚山(ウルサン)製油所に潤滑油ベースオイルの原料を初出荷し、7日には荷揚げを完了したと発表した。潤滑油製品は、潤滑油ベースオイルに各種添加剤を配合して製造する。今回出荷したのは、一般潤滑油用ベースオイルでは最高グレードの「グループV」。温度変化に対し粘度が変化しにくい高粘度であり、低蒸発性、低温粘度特性にも優れた特性を持つ。

潤滑油製品は、省燃費・長寿命化が主流となっている。今後、高品質な潤滑油製品向けの基材として「グループV」ベースオイルはより一層の需要拡大が見込まれている。同社は、今後も水島製油所から同ベースオイルの原料を継続的に出荷する方針。高いコスト競争力が強みである「グループV」ベースオイルを安定的に確保し、世界規模での潤滑油製品の販売拡大を狙う。


詳しくは
http://www.noe.jx-group.co.jp/newsrelease/

(櫻田光治)


posted by cherry at 16:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 石油関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JXエネ、シッピングとタンカー合併再契約

JX日鉱日石エネルギーは、合併契約締結を延期していた同社グループのJXシッピングとJXタンカーの両社が、2014年4月1日付で改めて合併契約を締結したと発表した。新会社となるJXオーシャンの代表取締役社長には、現在JXシッピングの取締役副社長を務める小林道康氏が就任する予定。両社の合併は、もともと2013年の3月28日付でJXタンカーを存続会社とし同年7月1日付けでの吸収合併契約を締結する予定だった。その後、合併準備委員会が安全管理・運航管理のマニュアル・システム統一などの準備強化を協議し、合併期日を2014年4月1日へと変更した。

20140207jx-ocean.png.png
【合併後の新会社JXオーシャンの概要】


詳しくは
http://www.noe.jx-group.co.jp/newsrelease/2013/20140206_01_0970780.html

(櫻田光治)
posted by cherry at 14:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 石油関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コスモ石油、第3Q純利益が黒字転換

コスモ石油の2014年3月期第3四半期(4〜12月期)連結業績は増収増益となり、最終利益が赤字だった前年同期から黒字へと転換した。石油事業は在庫評価分によるプラス影響もあるものの、千葉製油所が本格的な再稼動を果たし、代替供給コストも縮小するなど収益力が回復した。石油化学事業は、製品販売数量の伸びや市況改善を背景に増収となった。

売上高は前年同期に比べ12.9%増の2兆5,717億5,400万円。営業利益は同比で約3倍の336億8,800万円、経常利益も約8.4倍の342億9,800万円の大幅増益だったことから、最終利益は45億2,700万円の黒字となった。なお、在庫評価分を除く経常利益は同24億円増の150億円。

20140207cosmo3Q.png.png


決算に関する詳しいリリースはこちら
http://www.cosmo-oil.co.jp/press/p_140206/index.html

(櫻田光治)

posted by cherry at 13:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 石油関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月06日

JXHD、第3四半期連結決算は増収増益

JXホールディングスの2014年3月期第3四半期(4〜12月期)連結業績は、増収増益となった。シリア情勢など地政学的要因による原油輸入価格の上昇や国内のガソリン需要低迷でマージンは縮小したものの、円安による在庫評価の影響で増益となった。また、石化製品は、主力のパラキシレンなどが好調に推移した。

第3四半期の売上高は、前年同期に比べ11.8%増の9兆35億8,900万円。営業利益は同49.4%増の大幅増益で2,017億3,800万円、経常利益も同36.3%増の2,559億100万円だったことから、最終利益は1,318億7,900万円となった。なお、円安影響による在庫評価分を除く経常利益相当額は同21.3%減の1,588億円。2014年3月期の通期予想は、売上高が前期比9.6%増の12兆3,000億円、純利益が同5.9%減の1,500億円を見込んでいる。

20140206jxhd3q.png.png


決算に関する詳しいリリースはこちらから
http://www.hd.jx-group.co.jp/newsrelease/

(櫻田光治)
posted by cherry at 17:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 石油関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月04日

JXエネ、インドネシアで燃料油輸入販売

JX日鉱日石エネルギーは、2014年5月をめどにインドネシアで軽油の輸入・販売事業を開始する。同国内での軽油輸入・販売事業のライセンス取得に成功した。現地ではすでに同社の100%出資子会社Nippon Oil Indonesia(NOID)が潤滑油を販売しており、今回新たに燃料油の輸入・販売事業が加わる。インドネシアは、約2億4千万もの人口を抱える東南アジア最大の国家だ。経済成長は著しく、それに伴ってガソリンや軽油の需要も急増している。ただ、国内の石油精製能力は不足状態にあり、これまでも燃料油を中心に石油製品を恒常的に輸入している。同社は今後、現地での製油所やSSの運営も含めたサプライチェーン全般で事業参入する可能性も検討しており、「ENEOSブランド」のより一層の拡大をねらう。


詳しくはこちら
http://www.noe.jx-group.co.jp/newsrelease/2013/20140203_01_1016062.html

(櫻田光治)
posted by cherry at 12:54 | Comment(3) | TrackBack(0) | 石油関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


セキユの形

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。